しみの原因をしっかり見極め、原因にあったしみ治療をすることが大切です。

シミ治療後アフターケアの注意点

しみ治療でキレイな肌になる

紫外線や加齢などが、原因でしみができることがあります。
肌に茶色く残るしみは、女性にはとても気になるものです。
そんなしみ治療に、皮膚科では保険が適用できます。

保険が効く治療

しかし、全てのしみ治療に適用がされるのではなく、適用にする医師がいるということです。
しみ治療には、照射系、肌に塗る系と体内から治す内服薬の三種類になります。
この中で、適用される可能性があるのは内服薬系とレーザー照射の一部になります。

 

この適用される基準は、厚生省が認可していることになります。
レーザーで、保険適用されるのはそのレーザー事態が厚生省の認可を受けている機器である必要があります。

 

そのために、事前に保険が適用されるのか問い合わせておくと安心です。

事前に問い合わせる

得に美容皮膚科では適用されません。
治療として受けていることが前提で、かつ基準も医師によって違うことがあるのです。
保険の適用内か適用外かでは大きく金額も変わってきますので、先に確認するべきです。