しみの原因をしっかり見極め、原因にあったしみ治療をすることが大切です。

生活習慣がしみを作る

しみ治療でキレイな肌になる

生活習慣の見直しが未病になると聞いたかたも多くいらっしゃるかもしれません。
未病というのは、病気になって医者にかかるようなことになる前に、
あらかじめ健康を維持するように生活習慣や食事を見直すということです。

実際、簡単にいうと早寝早起きや決まった時間の食事など
生きていく上で重要な要素は沢山あります。

こうした毎日の生活習慣が、実はしみや肌に状態にも大きく影響を及ぼしているのです。

生活習慣

不摂生が続いた後に、意識的に睡眠時間や食事の時間や量、質に気を使った結果、
薬やコスメをを用いずともつやつやの肌になったという経験は、みなさんおありだと思います。

しみの中には、ストレスやホルモンバランスの変化など、生活習慣が原因となってできるものがあります。
しみといえば、紫外線などの外的な要因だけが原因と思っている方もいるでしょう。
しかし、実は身体の内側が原因となってできるしみがあるのです。
しみの原因を知る

最近よく聞く、「肝斑」と呼ばれるしみもホルモンバランスの乱れからできるといわれています。
妊娠中や更年期にしみができやすいといわれるのもこうした原因からきています。
体調の変化によって、ホルモンバランスが乱れているのです。
ではこれらのしみにはどのような治療法があるのでしょうか。

この原因でできてしまったしみには、内服が最も効果的とされています。
さらには、喫煙やストレスなど、生活習慣の乱れの原因を取り除くことも、
しみの治療の効果を上げ、また、治療した肌を維持するためにも必要でしょう。
肌も、健康も自己管理が大事です。