しみの原因をしっかり見極め、原因にあったしみ治療をすることが大切です。

原因別のシミ治療の仕組みとは

美容皮膚科

紫外線 シミの原因は、実はいくつもあるのです。
よく知られているのは紫外線を浴びることによって生成されるメラニン色素の沈着ですが、
このほかにもストレスが原因だったりホルモンバランスの崩れが原因だったり肝斑という
場合もありますね。

この中で、肝斑以外のものに関しては、シミ治療の仕組みはほぼ同じと言って良いでしょう。

色素沈着にしてもストレスにしても、肌のターンオーバーが上手くいっていないから
シミができるんですよ。

新陳代謝が活発できちんとターンオーバーが行われていれば、色素沈着は起こりません。

ですから、このタイプのシミ治療の仕組みは、顔のたるみや肌のターンオーバーを促すのが基本になります。

具体的にはケミカルピーリングで古い角質を剥がし、ハイドロキノンなどでメラニン色素の生成を抑えて
ターンオーバーを促します。

飲み薬また、美容クリニックなどでレーザーでのシミ治療も効果的ですね。

これは、レーザーを照射することで直接メラニン色素を破壊してしまうので、一番手っ取り早い方法です。

ただ、肝斑の場合だけは違います。肝斑は、左右対称に広くできるシミですが、できる原因ははっきりしておらず、
女性ホルモンが関係していると言われています。

肝斑のシミ治療は、レーザーを当てると悪化する恐れがあります。
これに関しては、トラネキサム酸という物質が有効ということが分かっていますので、これが配合された飲み薬を
飲むというのが、基本的な肝斑治療ということになります。

悪化させないためにも、シミの原因を知り、それに合ったシミ治療を心がけましょう。

2001年の規制緩和から日本にやってきたハイドロキノンの美白効果

ハイドロキノンは2001年に規制緩和されてアメリカからやって来た、紅茶やベリーなどに含まれる、自然界に存在する成分です。
美白に関してどんな効果が有るのかと言うと、今有るシミを薄くする力を持っています。その力を還元作用と言い、メラニンを作ってシミになる過程に作用して、メラニンの生成を防ぎます。

その力は非常に強く一般的に美白効果が有ると言われている、アルブチンやビタミンC誘導体などの数十倍から数百倍有ると言われています。
その為、高濃度だと副作用が有ります。そう言った事から、市販品は2%以下の配合までと定められています。

クリニックではもう少し高い濃度まで扱えます。
副作用については、肌に刺激が出たりしますが、高濃度だと発がん性も認められています。良い成分だからと言って、配合し過ぎると危険です。

ハイドロキノンがどんな症状に効果が有るのかと言うと、皮膚の浅い部分で起きる色素沈着に最も効果を発揮します。
肝斑や雀卵斑にも効果が有り、老人性色素斑にも高い効果を発揮します。単独でも効果が有りますが、トレチノインやピーリングと併用すると、なお効果が高いのでその様に使われます。
ただしハイドロキノンを塗った後に紫外線を浴びると、シミが濃くなる事があるので注意して下さい。